ここから本文です

【J-NETWORK】魅津希が5年ぶりキック試合で苦闘

イーファイト 8/29(月) 23:10配信

「J-FIGHT&J-GIRLS 2016 5th」(2016年8月28日 東京・新宿FACE)

【フォト】魅津希は松川の足払いで負傷し、ピンチに

▼第6試合 55kg契約 2分3R
△Crusher松川敬子(村澤道場/J-GIRLSバンタム級1位)
ドロー 判定0-1 ※29-30、29-29、29-29
△魅津希(みづき/空手道白心会/J-GIRLSバンタム級6位、第2代DEEP JEWELSストロー級王者)

 魅津希は現在MMA(総合格闘技)ファイターとして世界を舞台に活躍しているが、プロデビュー戦は15歳の時にJ-GIRLSで行っており、今回は2011年7月の大石ゆきの戦以来、約5年ぶりにJ-GIRLS参戦を果たした。

 キック復帰戦の相手は、J-GIRLSバンタム級タイトルマッチを控えているJ-GIRLSバンタム級1位の松川。

 1R、魅津希はジャブ、ワンツー、右のカウンター、左ボディブローとパンチを繰り出して圧力をかけていく。キックでの自分の動きを試しているかのようだ。

 2R、魅津希は左ミドルも蹴りながらワンツーで攻めていく。魅津希の圧力に下がる松川。しかし、松川が足払い気味に放った右インローで魅津希は右足首を捻ってしまい、以後は前へ出られなくなる。カウンターを警戒しているのか松川もあまり手が出なかったが、終盤にパンチで魅津希をフラつかせる場面も。ラウンドが終了すると、魅津希は右足を引きずりながらコーナーへ戻る。

 3R、右足首が完全に腫れてしまった魅津希はフットワークを使うことが出来ず、スピードのある動きが出来ない。踏ん張りもきかず松川のパンチ連打に大きくバランスを崩す場面も。松川は容赦なく魅津希の右足を右ローで攻める。魅津希も左ストレートで反撃するが、右ローを集中的に蹴られる大ピンチに。

 それでも魅津希は最後まで倒れることなく攻めながら耐え、最終ラウンドが終了。判定はドローとなった。

最終更新:8/30(火) 0:06

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。