ここから本文です

アン・サリー、畠山美由紀ら出演、今年も寄席を招いて〈L’ULTIMO BACIO〉開催

CDジャーナル 8月29日(月)17時27分配信

アン・サリー、畠山美由紀ら出演、今年も寄席を招いて〈L’ULTIMO BACIO〉開催

アン・サリー、畠山美由紀ら出演、今年も寄席を招いて〈L’ULTIMO BACIO〉開催

 東京・恵比寿ガーデンホールを会場に、バラエティ豊かな出演アーティストと、趣向を凝らしたフード・メニューを提供する“大人の”ライヴ・イベント〈L’ULTIMO BACIO〉が今年も開催決定。12月17日(土)、19日(月)、21日(水)、23日(金・祝)、27日(火)の5日間に渡って行なわれます。チケットぴあでは9月5日(月)12:00までチケット先行受付を実施中です。

 今年は、親友同士であり互いにデビュー15周年を迎えたアン・サリー&畠山美由紀(17日)、昨年の好評ぶりを受けて決定した〈恵比寿ルルティモ寄席〉(19日)、「道なき道、反骨の。」に続き再びKen Yokoyamaとタッグを組んだニュー・シングル「さよならホテル」を9月にリリースする東京スカパラダイスオーケストラ(21日)、本公演でツアー・ファイナルを飾る土岐麻子(23日)、スペシャル・ゲストに小坂 忠を迎える林 立夫と沼澤 尚によるドリーム・プロジェクト“AFTER SCHOOL HANGOUT”(27日)の出演が決定しています。

最終更新:8月29日(月)17時27分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。