ここから本文です

80年代ティーンホラー映画「ロストボーイ」がドラマシリーズ化

映画.com 8月29日(月)17時0分配信

 [映画.com ニュース] 米CWネットワークが、カルト的な人気を誇る1987年のティーンホラー映画「ロストボーイ」(ジョエル・シュマッカー監督)のドラマシリーズ化を進めていることがわかった。

 「ロストボーイ」は、離婚した母親と一緒にカリフォルニアの海辺の町に引っ越してきたティーンエイジャーの兄弟が、町に巣食うバンパイアと対決するという、コメディタッチのティーンホラー。兄弟役をジェイソン・パトリックと故コリー・ハイムが演じたほか、キーファー・サザーランド、ジェイミー・ガーツ、コリー・フェルドマンら当時の若手スターが共演した。

 テレビ版は、「ヴェロニカ・マーズ」クリエイターのロブ・トーマスによるリ・イマジニング。米Deadlineによれば、構想としてはシーズンごとに異なる舞台と登場人物を描くアンソロジーシリーズとなり、1シーズンで10年という時間が経過する。それを7シーズンにわたって続けようという試みだという。

 70年という時の流れとともに、時代も登場人物も変わるが、ロストボーイと呼ばれる不老不死のバンパイアたちだけは変わらないままという設定だ。シーズン1は、1967年のサンフランシスコから物語が始まる。キャストは未定。

最終更新:8月29日(月)17時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。