ここから本文です

【ディズニー】ジェラトーニが街中に涼しげアート!期間限定夏デコレーション

cinemacafe.net 8月29日(月)17時0分配信

ミッキーマウスとダッフィーが旅の途中で出会ったお友だち“ジェラトーニ”。エメラルド色の瞳と長いしっぽが特徴で絵を描くことが大好きなネコの男の子だが、ジェラトーニがメディテレーニアンハーバーのパラッツォ・カナルに描いた絵が今夏、注目を集めている。

【写真】ジェラトーニのアルティ・イン・ピアッツァ

このパラッツォ・カナルには、<ジェラトーニのアルティ・イン・ピアッツァ>というイタリア語で“広場のアート”という意味のエリアが広がっていて、ジェラトーニが描いたひんやり涼しくなるような壁画やユニークなだまし絵などのほか、ウィンドウディスプレイなど、パラッツォ・カナルの全体でジェラトーニに関するデコレーションが楽しめる。

これは暑い夏を少しでも涼しく過ごそうと、ジェラトーニが涼しくなる絵を描いてくれたもの。流れ落ちる滝や、ひんやりした湖畔など、ジェラトーニは街中に清涼感ある絵を描いて、涼しげになった街に街の人々もダッフィーやシェリーメイも大喜びしているそう。

<ジェラトーニのアルティ・イン・ピアッツァ>は8月31日(水)までの期間限定デコレーション。ジェラトーニのグッズやスーベニアカップ付デザートも販売しているので、夏の終わりはジェラトーニと一緒に東京ディズニーシーで楽しいひと時をすごしてみて!

※上記のメニューやグッズは、デザイン・価格の変更や、品切れとなる場合がございます。
※写真はすべてイメージです。過去の取材時に撮影した画像を再利用することがあります。

(C) Disney

最終更新:8月29日(月)17時0分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。