ここから本文です

子安武人「怪盗ジョーカー」シーズン4にマッドサイエンティスト役で出演!

映画.com 8月29日(月)17時0分配信

 [映画.com ニュース] 10月放送開始のテレビアニメ「怪盗ジョーカー」のシーズン4に新登場するドクター・ネオ役として、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」「ジョジョの奇妙な冒険」の子安武人が出演することがわかった。

 同作は、たかはしひでやす氏が「月刊コロコロコミック」(小学館刊)で連載中の漫画が原作。奇跡使い(ミラクルメーカー)の異名をとる怪盗ジョーカーが、相棒のハチとともに警察や探偵、強盗団らの妨害をくぐり抜け、全世界の宝を手に入れるべく活躍する姿を描く。シーズン4では、前シーズンから登場したキャラクター・フェニックスとホッシーの謎も明らかにされていく。

 子安が演じるドクター・ネオは、宇宙に憧れるマッドサイエンティストで、謎の組織「悪魔の牙」(デビルファング)の総帥であるプレジデントDとともに暗躍し、フェニックスの隠された力を狙うという役どころだ。

 また10月2日、ユナイテッド・シネマ豊洲で「シーズン4」の先行上映会が開催されることも決定した。第1話(通算第40話)の先行上映に加え、スタッフやキャストが登壇してのトークショーが行われる予定。チケットは9月3日発売予定で、一般席が3000円、2名用のプレミアペアシートが8000円(いずれも税込み、ドリンクチケット付き)。

 「怪盗ジョーカー」シーズン4は、10月3日午後7時からTOKYO MX、10月8日午後7時からBS11、10月16日午前7時からキッズステーションで放送開始。

最終更新:8月29日(月)17時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。