ここから本文です

ダルデンヌ兄弟新作のテーマは欧州のテロリズム 祖国ベルギーが舞台

映画.com 8月29日(月)17時0分配信

 [映画.com ニュース] カンヌ映画祭パルムドールに2度輝いている、ベルギーのジャン=ピエール・ダルデンヌとリュック・ダルデンヌ兄弟監督の新作が、テロリズムを題材にした作品になることがわかった。

 詳細は明かされていないが、米バラエティによれば、タイトル未定の新作はヨーロッパにおけるテロの台頭に焦点を当てる内容のドラマで、ダルデンヌ兄弟の祖国ベルギーが舞台。ベルギーでは今年3月、首都ブリュッセルの空港と地下鉄駅で連続テロが起こった。隣国フランスでも、2015年11月にはパリ同時多発テロ、今年7月にはニースでテロが発生している。

 現在、脚本を執筆中で、来秋までにベルギーでの撮影が予定されている。

最終更新:8月29日(月)17時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。