ここから本文です

ハウスクエア横浜、家づくりに関する7つの講座開講 専門家が中立な立場で助言 /神奈川

みんなの経済新聞ネットワーク 8月29日(月)11時30分配信

 ハウスクエア横浜(横浜市都筑区中川1、TEL 045-912-7473)で9月10日から、家購入のために必要な予算計画や工事会社選び、工法などを学べる「家づくり学校2016秋講座」が開講する。(港北経済新聞)

 ハウスクエア横浜は、さまざまな住宅メーカーのほか、インテリア、不動産関連業者、保険や法務の相談窓口まで、「家づくり」に関する企業などが集まる総合住宅展示場。館内にはほかにも、横浜市の耐震支援制度紹介コーナーや建築関連の書籍を所蔵するライブラリー、コミュニティーカフェなども入る。

 今回は特定メーカーではなく、中立な立場で「家づくり」に関連する情報を提供する7つの講座を開催。講座内容は9月10日「震度7に耐えられる家とは?工法の比較と冬暖かい家のしくみ」(講師はホームインスペクターの田口隆一さん)、9月11日「新築・リフォーム 予算計画と工事会社の選び方」(講師は同館新築・リフォーム相談室長の川島天晴さん)、9月24日「料理と家事がすごく楽しくなる!キッチンプランと設備の選び方」(講師は一級建築士の大川三枝子さん)、9月25日「元気なうちに住まい改造を!安心・健康に百歳まで暮らす住まいづくりのポイント」(講師は一級福祉住環境コーディネーターの村井エリさん)。

 10月16日「趣味空間の隠れ家をつくろう!ガレージのある住まいプラン」(講師は建築家の松永基さん)、10月16日「知らずに買うと危ない!土地&住宅購入の裏話」(講師は川島天晴さん)、10月23日「親も子も、それぞれに心地よい 理想の2世帯住宅のつくり方」(講師は建築家の竹岡美智子さん)。

 同館営業企画部の小林光子さんは「住まいづくりを人任せにしない、が家づくり学校のコンセプト。資金計画から工法・構造、工事会社の選び方、さらに住まい方や暮らし方まで、さまざまな角度から情報を提供する。セミナー後は講師がモデルハウス見学ツアーを行い、住まいづくりのヒントを解説。必要に応じて複数の講座にご参加いただけたら」と話す。

 開催時間は各講座により異なる。参加無料(要予約)。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:8月29日(月)11時30分

みんなの経済新聞ネットワーク