ここから本文です

【モスクワモーターショー16】ラーダ ベスタ に「スポーツ」…WTCCのノウハウ応用

レスポンス 8月29日(月)11時45分配信

ロシア自動車最大手、アフトワズの「ラーダ」ブランドは8月24日、ロシアで開幕したモスクワモーターショー16において、『ベスタ スポーツ コンセプト』を初公開した。

『ベスタ』は2014年8月、モスクワモーターショー14において、プロトタイプ車を初公開。新型の4ドアセダンで、アフトワズとルノー日産によって共同開発。2015年末、ロシアのB/Cセグメントに投入された。

モスクワモーターショー16で初公開されたベスタ スポーツ コンセプトは、ベスタのスポーツ性を高めたコンセプトカー。ラーダはWTCC(世界ツーリング選手権)に参戦中だが、そのノウハウが応用された。

足回りは、サスペンションを強化し、大径タイヤを装着。外観は、フロントには赤いアクセントが特徴のエアロパーツを追加している。

ラーダは、「このベストセラーセダンの大きな可能性を示すコンセプトカー」とコメントしている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8月29日(月)11時45分

レスポンス