ここから本文です

阪本奨悟 ワンマンライブ大盛況で終了。予想外のダブルアンコールで感無量!

エキサイトミュージック 8月29日(月)21時15分配信

8月27日(土)に、俳優とてしても活動しているシンガーソングライターの阪本奨悟が、【阪本奨悟 ワンマンLIVE 2016 「Fly ~a take-off roll~」】東京公演を、原宿Astro Hallにて開催した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これは、自身初の全国流通CDとなるミニ・アルバム『Fly』を引っ提げて行われたもので、先日大阪公演も大盛況だったが、東京でも単独でのライブは昨年の12月に開催して以来、8ヶ月ぶりとなった。

ホームグランウンドでもある渋谷の街の雑踏の映像が流れ、本人が登場するや否や会場からは割れんばかりの歓声が起こり、ミニ・アルバムの表題曲でもある「Fly」からスタート。葛藤と心の叫びを込めた楽曲を力の限り精一杯ぶつけると、2曲目の「オセロ」ではエッジのたったギターのカッティングをクールにエモーショナルに決めが曲に込めたメッセージを投げかけ、序盤からエンジン前回で畳み掛ける。

普段はアコースティックギター1本で“全国阪本化計画”と題し各地でライブを行っているが、今回はそれとは違い、バンドスタイルでのパフォーマンス。いつも以上にパワフルに演奏していく。

「こんばんは!! うずうずしてますか?」と、久々の東京でのワンマンライブを行える喜びを噛み締めながら、嬉々とした表情で観客を煽る。「自由に楽しんでいこう!」と、自分自身も精一杯楽しんでいる様子が印象的だ。その後「I never worry ~虹の向こうへ~」など、ミニ・アルバムに収録された楽曲も次々と披露。一気に観客を引き込んでいく。また「いつものやりますか!!」と、以前から、ストリートや、一人で自主活動を行っていた時に歌っていた楽曲も披露し様々な表情で彩る。

また今回新たな演出も。バンドメンバーが一旦スデージからはけ、一人で弾き語るコーナーへ。その中でも注目は、ルーパーを使い、一人多重録音を生で行いながら、パフォーマンスを行ったシーン。楽曲に入る前に、観客の名前を実際に録音しながらコミカルなdemo演奏で沸かすと、リズミカルに「Messenger(Acoustic ver.)」をスタート。絶妙なコーラスワークと、情熱的なカッティングでストイックに演奏する姿は鬼気迫るものがあり、観客も固唾を呑んで見守った。全国を回ってパフォーマンスをして成長した姿を確かに示した。

その後、今回の作品にかけた想いや、レコーディングでの制作秘話を語り、もどかしさ、ようやく楽曲が完成した喜びを伝え、「ながれ」を披露。楽曲に込めた強いメッセージを打ち出していく。ギターを弾きながら感情むき出しで歌唱する姿が、厚みのあるバンドサウンドと相まって、オーディエンスを鼓舞し、魅了する。そこからは、もはや定番となりつつある楽曲の数々で、ライブはクライマックスへ。「Please me!!」など、会場が一体となって盛り上がり、皆で大合唱。ライブ本編が終了。

鳴り止まない拍手の後、再び阪本が一人で登場し、「今日この会場で一番楽しんだのは、僕かもしれない」と感無量に語り、今の自分の強い想いを表した「Fly(Acoustic ver.)」を演奏してアンコールを締めくくった。 その後、何度も丁寧にお辞儀をし、観客とハイタッチをしながら、ステージを後にする。するとさらに予想外の出来事が。観客の興奮は冷めやらず、さらなるアンコールの手拍子が巻き起こる。戸惑う表情を見せながらも、少しはにかみつつ、ステージへ再々登場。どうしたらいいか迷いながらも、言葉では表せないほどの感謝をこめて、ピュアな想いを表した「大事なこと」をパフォーマンス。「また会おう!」と満面を笑みを浮かべながらステージを後にした。

初の全国流通CDとなるミニアルバムを引っ提げてのライブということで、これにかける意気込みも強かった。音楽への強い思いから所属事務所を離れ、地元兵庫にて単身音楽活動を開始し、2年以上の自主活動を経てたどり着いたこの機会だけに、感慨もひとしおだったのだろう。そのひたむきな姿に、最後まで賞賛の拍手は鳴り止まなかった。

阪本奨悟は、この後、【Music Resort うたたね、Slow Live '16 in 池上本門寺】【FM802 MINAMI WHELL】など大型イベントへの出演も決まっており、秋には学園祭への出演も多く控えている。今後の注目を集め、さらなる飛躍が期待される阪本奨悟。力強いメッセージ、熱い想いを、今後も生でぜひ感じて欲しい。見逃すな。

≪セットリスト≫
【阪本奨悟 ワンマンLIVE 2016 「Fly ~a take-off roll~」】
8.27@原宿Astro Hall
1. Fly
2. オセロ
3. I Never Worry
4. ネガイヲコメテ
5. 雛の歌
6. 時を駆けて(Acoustic ver.)
7. Messenger(Acoustic ver.)
8. ながれ
9. HeyHeyLaLa
10. ハルカゼ
11. 君へと届け
12. Please me!!
<アンコール>
1. Fly(Acoustic ver.)
2. 大事なこと

最終更新:8月30日(火)21時0分

エキサイトミュージック