ここから本文です

「全米警察24時 コップス」が映画化 「ゾンビランド」R・フライシャー監督

映画.com 8月29日(月)19時30分配信

 [映画.com ニュース] 1989年から続く米Foxネットワークの人気長寿シリーズ「全米警察24時 コップス」(原題:COPS)を下敷きにした映画が製作され、「ゾンビランド」のルーベン・フライシャー監督がメガホンをとることがわかった。

 「全米警察24時 コップス」は、現場に急行する全米の警官のパトカーに同乗し、現実に起きている事件の状況をリアルに伝える警察密着ドキュメンタリー。

 米Deadlineによれば、映画版は同番組の雰囲気を生かしたフィクションで、「リーサル・ウェポン」のようなコメディ要素のある“バディもの”になるという。新鋭キャメロン・フェイが脚本を手がける。キャストは未定。

最終更新:8月29日(月)19時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。