ここから本文です

自宅で骨折したチチャリート 「サポートをありがとう、復帰へ全力を尽くす」

ISM 8月29日(月)17時6分配信

 レヴァークーゼン(ドイツ)FWハビエル・エルナンデスが、骨折した右腕の手術を受け、サポートに対する感謝を述べた。英『デイリー・ミラー』紙(電子版)などが現地時間28日(以下現地時間)に伝えている。

 “チチャリート”ことエルナンデスは22日に、自宅の階段で転倒し右手を骨折。翌日に手術を受け、全治2週間の見込みで、前週末のブンデスリーガ開幕戦は欠場していた。

 チチャリートは写真・動画共有アプリ『インスタグラム』に動画をアップし、「みんなからのサポートのメッセージや、愛情に感謝を言いたかった。神のおかげで、手術は完璧に上手くいった。今は約2週間でピッチに戻れるように全力を尽くさなきゃ。復帰が待ち遠しいよ!」と、謝意を述べた。

最終更新:8月29日(月)17時6分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合