ここから本文です

卵ドロのカシンが不敵な予告

東スポWeb 8月29日(月)16時49分配信

 全日本プロレス「王道トーナメント」(9月4日、品川で開幕)に初出場する“悪魔仮面”ケンドー・カシン(48)が28日、不敵な予告を放った。

 この日は「FIGHTING AID」(東京・豊洲)で大怪獣モノとのシングル戦が決まっていたが、野外会場のため天候不良により試合中止に。ところが代替開催されたイベントでモノがファンと交流している最中、カシンが乱入してしまう。

「ファイヤープロレスは招待券を…(中略)。そうしたらあまりにも人が来すぎて席を増設するってどういうことだ!?」とカシンは意味不明のセリフを口走りながらトロフィーで殴打。そのままモノの“宝”である卵を奪ってしまった。

 妙なところで怪獣と遺恨が生じてしまったカシンだが、なんとこの卵を王道マットに持参するという。「よし、トーナメントにこの卵をかける。ふ化すると怪獣が生まれる。俺に勝ったら大変なことになるぞ」と不気味な予告。それでも3冠王座史上最年少の27歳・宮原がベルトを保持していることについては「若い人が王者になったほうがいい。年寄りに負けてるようじゃダメだ」とめずらしく好意的な発言も放った。

 その後は「俺にもなぜオファーがきたのか分からないが、駆け引きをしていたら合意に達しただけだ。諏訪魔は俺とやるより藤田(和之)とやれ。ところで今の3冠王者はスタン・ハンセンなのか!?」といつもの罵詈雑言に終始したカシン。台風10号が関東地方に接近しているが、全日マットではこの男が台風の目となりそうだ。

最終更新:8月29日(月)20時46分

東スポWeb