ここから本文です

韓国で高まる「原子力潜水艦保有論」 当局は対応に苦慮

聯合ニュース 8/29(月) 11:52配信

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射に成功したことを受け、韓国の与党内や軍事専門家の間で原子力潜水艦の保有を求める声が高まる中、韓国当局はこれに対し極めて慎重な姿勢を取っている。

 北朝鮮は今月24日のSLBM発射成功に続き、現在配備されている新浦級(2000トン)潜水艦よりも排水量が大きい3000トン級または原子力潜水艦の建造計画を推進する可能性が高いと予想される。韓国では、これに対する防衛・攻撃手段として原子力潜水艦を保有すべきだとする主張が相次いでいる。

 しかし、軍当局は「今のところ原子力潜水艦の建造計画はない」とする立場を維持している。

 軍関係者は29日、「現時点で軍が原子力潜水艦について特に話すことはない」と述べた。

 国防部の文尚均(ムン・サンギュン)報道官は同日の定例記者会見で、与党などから原子力潜水艦の建造を求める声が上がっていることに関する質問に、「今の状況への懸念から出た発言だと理解している。現段階で原子力潜水艦の問題について決定した事項はない」と答えた。

 原子力潜水艦の建造は「核武装はしない」という韓国政府の非核化の原則とも関連するため、軍が建造するかどうか言える立場にないというのが軍関係者の説明だ。

 軍のこうした姿勢は既に国会国防委員会での質疑応答で明らかになっている。

 今年1月、防衛事業庁関係者も国防部の定例記者会見で、現在開発中の3000トン級潜水艦が原子力潜水艦の開発と関連があるか問われ、「そうした計画は全くなく、進行中の事案もない」と答えた。

 韓国政府は盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代の2003年に4000トン級の原子力潜水艦を20年までに3隻建造する計画を推進したが、一部メディアにこの事実が公開されたため取りやめた経緯がある。

 軍が原子力潜水艦の問題をめぐり過敏になっているのは、非核化の原則だけでなく朝鮮半島周辺国の反応を警戒しているためとみられる。米国と中国の強い反発が予想される上、日本に核武装の口実を与えてしまうという主張が提起される可能性があるためだ。

 だが、政府と軍としては北朝鮮の脅威に対抗する意味で原子力潜水艦を建造すべきだとする世論を無視するわけにはいかない。

 高度化する北朝鮮の弾道ミサイルと核の脅威だけでなく、潜水艦の脅威まで加わったことで、より一層高まる国民の不安を解消しなければならない責務があるためだ。

 ある政府関係者は個人的な見解だと前置きした上で、「国民の安全保障に対する不安が高まっている状況を考慮せざるを得ない。非公式であっても原子力潜水艦建造の必要性を検討してみるべきだ」と話した。

 軍の専門家は「北のSLBMの開発は非常に早く深刻になっているため、安保レベルで原子力潜水艦の建造問題を真剣に検討すべきだ」と強調した。

最終更新:8/29(月) 11:56

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]