ここから本文です

中村勘九郎、松坂桃李ら真田十勇士が新宿に!赤備えカーペットを闊歩

シネマトゥデイ 8月29日(月)19時47分配信

 中村勘九郎、松坂桃李が出演しヒットを記録した同名舞台を映画化した『真田十勇士』のレッドカーペットセレモニーが29日、都内にある新宿モア4番街で行われ、中村、松坂のほか、大島優子、加藤雅也、メガホンを取った堤幸彦監督ら豪華メンバーが登場した。

【写真】花柄ワンピース姿の大島優子

 本作は、天下の名将と名高い真田幸村(加藤雅也)が実は“腰抜けの武将”であったという大胆な発想を基に人気脚本家マキノノゾミが描きだしたエンターテインメント大作。真田の赤備えを彷彿(ほうふつ)とさせるレッドカーペットに登場した豪華出演陣は「真田の本陣攻め」さながらにカーペットの上を闊歩した。

 幸村役の加藤は白馬にまたがり一段高いところから新宿を見下ろしながら、「馬上から眺める新宿の景色はいいですね。皆さんも一度やってみるといいかもしれません」とご満悦。猿飛佐助役の中村も「雨の予報だったのにまさかのいい天気。天も我らに味方してくれたんじゃないですかね」と笑顔で、霧隠才蔵役の松坂も「本当に奇跡。無事開催できたのを嬉しく思います」と嬉しそうにコメントした。

 紅一点、火垂役の大島は映画の完成度に触れ、「出来上がったのは最近。この前観させてもらったんですけど、十勇士のみなさんが本当にかっこいいんです。わたしにとって、男の生き様を胸に焼き付けられたような作品になりました」としみじみ。撮影中については「みんな部活みたいで本当に仲が良くてワイワイしていました。わたしは十勇士と撮影で一緒になる機会があまりなくて、その仲間に入れていないので寂しかった」と振り返った。

 中村も「寒さと爆風と雨に対してどうやって戦うのか、絆を深めなければやれなかった」と過酷な撮影を思い出しつつ、「男ばかりだったので現場は下ネタばかりでした」と撮影の裏側も明かして会場を和ませていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『真田十勇士』は9月22日より全国公開

最終更新:8月29日(月)19時47分

シネマトゥデイ