ここから本文です

大谷スタメン復帰も重盗失敗…日本ハム奪首ならず 30日からの6連戦も野手出場へ

デイリースポーツ 8月29日(月)6時3分配信

 「西武4-3日本ハム」(28日、西武プリンスドーム)

 風邪が癒えた日本ハム・大谷翔平投手が3試合ぶりにスタメン復帰したが後味の悪い逆転負けとなった。昼間に敗れたソフトバンクにお付き合いし、首位獲りに失敗。栗山監督は「勝ちにいって勝てなかった。悔しいだけ」と唇をかんだ。

【写真】日本ハムに内紛?中田に腕を掴まれ大谷が直立不動に…

 良くも悪くも大谷が目立った一戦だった。四回は右前打を放ち田中賢の先制適時打につなげた。六回1死二塁は敬遠気味の四球で出塁し、中田の中前適時打で追加点。しかし、その後の走塁ミスで流れを手放した。

 2死一、三塁。一塁走者の田中賢が二盗を試みると、捕手炭谷が二塁へ投げるふり。ここで三塁走者の大谷が飛び出してしまい、三本間で挟殺された。追加点の目をつぶした直後、メヒアの逆転3ランが飛び出す悪循環だ。

 八回は、投球動作に入った後にタイムをかけたが認められず、見逃し三振。大谷は「待つのが長かった」と弁明したが、「俺が悪い」と栗山監督。30日からの6連戦も野手出場が有力な大谷。この日敗戦を切り替え奪首に再チャレンジする。

最終更新:8月29日(月)7時52分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]