ここから本文です

ギネス認定されたバットマンコスプレが凄すぎる

シネマトゥデイ 8月29日(月)20時26分配信

 DCコミックスのダークヒーロー・バットマンのコスプレ衣装が「最も多く機能が搭載されたコスプレ衣装」としてギネス記録に認定された。ジュリアン・チャックリー氏が製作したこのバットマンスーツには23個の機能が備わっているという。

【写真】抜群のかっこよさ!バットマン

 Guinness World Records のインタビューによるとジュリアン氏は子どもの頃から映画に登場する衣装を再現するのが好きだったそうで、初めて作ったコスプレ衣装は7歳の時に作った『スター・ウォーズ』のダース・ベイダー。また、大人になったジュリアン氏は映画業界に入り、特殊衣装や美術などを製作するプロフェッショナルとして働いているという筋金入りの「コスプレイヤー」だ。

 そんなジュリアン氏が手がけ、世界一とギネスに認められたコスプレ衣装は人気ゲーム「バットマン:アーカム」シリーズに登場するバットマンスーツがベースとなっている。3Dプリンターで再現された漆黒の衣装は、しなやかなウレタン素材でジュリアン氏の体にフィットする。

 23個もの機能が付いているこのバットマンスーツが Guinness World Records のサイトで紹介されるとネット上には「ほしい!」「バットマンファンです。最高です」などのコメントが殺到。ジュリアン氏はこのコスプレに搭載されている中で最もお気に入りの機能は、「ガスディスペンサー」(手首から霧状の白いガスが吹き出す)だとインタビューで明かしている。(編集部・海江田宗)

最終更新:8月29日(月)20時26分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。