ここから本文です

「韓国版ダイソン」育成を 韓国政府が支援計画

聯合ニュース 8/29(月) 12:32配信

【世宗聯合ニュース】韓国産業通商資源部は29日、ソウル市内でフォーラムを開催し、デザイン革新戦略を発表した。羽根なし扇風機やサイクロン式掃除機など理想の完成品デザインを先に考え製品を開発する英ダイソンのような企業を育てるため、2020年にかけ400億ウォン(約36億円)を投じる。

 まず、成長が見込まれる企業100社を選び、デザインを中心にした経営を支援する。各社に適した経営ロードマップの提示からデザインの研究開発(R&D)、販路の確保、マーケティングまでサポートし、企業の成長を促す。

 消費者には優れたデザインの製品に出会える機会を提供する。現在も百貨店や大企業の旗艦店内にデザイン革新製品専用の売り場が設置されているが、こうした売り場を増やす。また海外の消費者に売り込むため、韓国の免税店をはじめ、海外の電子商取引(Eコマース)大手との協力拡大に取り組む。

 「デザイン韓流」の拡大を目指すイベント「デザインコリア」を、アジアを代表する博覧会に育てる一方、韓国企業が海外進出時に拠点として活用できる「コリアデザインセンター」を2020年までに10か所設置する計画だ。

最終更新:8/29(月) 12:53

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。