ここから本文です

『シン・ゴジラ』53億円突破で『ヱヴァQ』超え!“聖地”日劇上映が決定!

シネマトゥデイ 8月29日(月)20時43分配信

 「新世紀エヴァンゲリオン」の庵野秀明が総監督・脚本を務めた映画『シン・ゴジラ』が、7月29日から8月28日までの公開1か月で累計動員360万人、累計興行収入53億円を突破した。

【写真】尾頭ヒロミが登場した上映も大盛り上がり

 これにより本作は、『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』(推定最終興収:46億1,000万円)を抜いて、2016年公開の邦画実写映画1位を獲得。また、庵野総監督が2011年に発表した『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の最終興収(53億円)をも抜き去った。

 この大ヒットを受け東宝では、TOHOシネマズ日劇(以下、日劇)にて、9月2日から16日まで15日間の限定上映を決定。同館は、「日本劇場」(開館1933年~閉館1981年・現『TOHOシネマズ日劇』)時代から数多くの『ゴジラ』シリーズを上映し続けてきただけに、多くのファンから上映を求める声が寄せられていたという。

 日劇は2018年の「TOHOシネマズ日比谷」(仮称)の開業に伴い閉館の予定。“聖地”ともいえる場所での最後のゴジラ映画上映となることが予想され、話題を呼ぶことは間違いない。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(編集部・入倉功一)

最終更新:8月29日(月)20時43分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。