ここから本文です

発売日をチェック! 今週発売されるゲームソフト一覧【2016年8月29日~2016年9月4日】

ファミ通.com 8月29日(月)17時2分配信

●気になったらすぐに遊べる新作ソフトはこちら
 2016年8月29日(月)~2016年9月4日(日)発売予定のゲームソフトをまとめて紹介。すぐに発売されるタイトルばかりなので、気になるものがあったらさっそく遊んでみよう!

●2016年8月29日(月)~2016年9月4日(日)発売予定のゲームソフト
■プレイステーション Vita

・9月1日『薔薇に隠されしヴェリテ』<アイディアファクトリー> 6300円/6804円
・9月1日『薔薇に隠されしヴェリテ』(限定版)<アイディアファクトリー> 8300円/8964円
・9月1日『薔薇に隠されしヴェリテ』(ダウンロード版)<アイディアファクトリー> 5800円/6264円

 女性向け恋愛ゲームブランド“オトメイト”が贈るアドベンチャーゲーム。フランス革命前後の動乱の時代を舞台に、主人公のリーゼが、一度だけマリー・アントワネットの身代わりとなったことをきっかけに、さまざまな思惑に巻き込まれていく。

■プレイステーション4

・9月1日『ウィッチャー3 ワイルドハント ゲームオブザイヤーエディション』<スパイク・チュンソフト> 6480円/6998円
・9月1日『ウィッチャー3 ワイルドハント ゲームオブザイヤーエディション』(ダウンロード版)<スパイク・チュンソフト> 6480円/6998円

 2015年5月21日に発売され、全世界で800以上のメディアアワードを受賞・ノミネートを獲得した次世代オープンワールドアクションRPG『ウィッチャー3 ワイルドハント』本編に、無料DLC16種類、大型有料DLC2種類を加えたお得なパッケージが発売。

■Xbox One
・9月1日『ウィッチャー3 ワイルドハント ゲームオブザイヤーエディション』<スパイク・チュンソフト> 6480円/6998円
・9月1日『ウィッチャー3 ワイルドハント ゲームオブザイヤーエディション』(ダウンロード版)<スパイク・チュンソフト> 6480円/6998円

●2016年8月29日(月)~2016年9月4日(日)配信予定のダウンロード専用ゲームソフト
■PlayStation Store
・8月30日『バイオハザード4』(PS4)<カプコン> 2593円/2800円
・9月1日『乖離性ミリオンアーサー』(PS Vita、PS4)<スクウェア・エニックス> 基本プレイ無料(アイテム課金あり)

■Xbox Live
・8月30日『バイオハザード4』<カプコン> 2600円/2808円

●2016年9月5日(月)~9月11日(日)発売予定のゲームソフト
■プレイステーション Vita
・9月8日『悠久のティアブレイド -Lost Chronicle-』<アイディアファクトリー> 6300円/6804円
・9月8日『悠久のティアブレイド -Lost Chronicle-』(限定版)<アイディアファクトリー> 8300円/8964円
・9月8日『悠久のティアブレイド -Lost Chronicle-』(ダウンロード版)<アイディアファクトリー> 5800円/6264円
・9月8日『下天の華 with 夢灯り 愛蔵版』<コーエーテクモゲームス> 6800円/7344円
・9月8日『下天の華 with 夢灯り 愛蔵版』(ダウンロード版)<コーエーテクモゲームス> 6800円/7344円
・9月8日『下天の華 with 夢灯り 愛蔵版 トレジャーBOX』<コーエーテクモゲームス> 12800円/13824円
・9月8日『下天の華 with 夢灯り 愛蔵版 プラチナBOX』<コーエーテクモゲームス> 30000円/32400円
・9月8日『AIR』<プロトタイプ> 4800円/5184円
・9月8日『AIR』(ダウンロード版)<プロトタイプ> 3981円/4300円

■プレイステーション4
・9月8日『東亰ザナドゥ eX+(エクスプラス)』<日本ファルコム> 6480円/6998円
・9月8日『F1 2016』<ユービーアイソフト> 7980円/8618円
・9月8日『F1 2016』(ダウンロード版)<ユービーアイソフト> 7100円/7668円

■Xbox One
・9月8日『F1 2016』<ユービーアイソフト> 7980円/8618円

※表示価格は税抜価格/税込価格です。

最終更新:8月29日(月)20時58分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。