ここから本文です

【F1 ベルギーGP】途中赤旗中断の混乱がありながらも、ロズベルグがポール・トゥ・ウィン

レスポンス 8月29日(月)14時32分配信

2016年のF1第13戦ベルギーGPの決勝レースが28日、スパ・フランコルシャンで開催され、ニコ・ロズベルグ(メルセデス)がポール・トゥ・ウィンを果たした。

[関連写真]

スタートではロズベルグが好スタートを切った一方、2番手以降のマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、キミ・ライコネン(フェラーリ)、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が接触するなど、混乱。さらに6周目にケビン・マグヌッセン(ルノー)がオー・ルージュを抜けたところで大クラッシュ。ドライバーは無事だったがタイヤバリア等の修復のため赤旗中断となった。

序盤から波乱続きの展開となったが、ロズベルグはレース再開後も冷静に対応し、後続を圧倒。そのままトップチェッカーを受け、今季6勝目を飾った。2位にはダニエル・リチャルド(レッドブル)が入り、3位にはルイス・ハミルトン(メルセデス)が続いた。パワーユニット交換によるペナルティで最後列からスタートだったが、序盤の混乱をうまく利用し上位に進出。ポイント差は縮められたが、しっかり表彰台をキープしランキング首位を守った。

マクラーレン・ホンダはパワーユニット交換で最後尾からスタートしフェルナンド・アロンソがハミルトン同樣にうまく追い上げ7位入賞。ジェンソン・バトン9番手からスタートし上位進出の期待がかかったが、接触に巻き込まれ早々にリタイアを余儀なくされた。

2016 F1ベルギーGP決勝結果
1.ニコ・ロズベルグ(メルセデス)
2.ダニエル・リチャルド(レッドブル)
3.ルイス・ハミルトン(メルセデス)
4.ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)
5.セルジオ・ペレス(フォース・インディア)
6.セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
7.フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
8.バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)
9.キミ・ライコネン(フェラーリ)
10.フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)

《レスポンス 吉田 知弘》

最終更新:8月29日(月)14時32分

レスポンス