ここから本文です

鹿島・石井監督退任の可能性…金崎処分なしでクラブに不信感!?

東スポWeb 8月29日(月)16時49分配信

【サッカー情報局】

 サッカー担当記者:J1第1ステージで優勝した鹿島の石井正忠監督(49)に退任の可能性が浮上しています。26日の練習を欠席し、27日の横浜M戦は大岩剛コーチ(44)が監督代行として指揮を執りました。クラブによると、最近の成績や試合内容を受けた心労が原因だそうです。

 デスク:本当は金崎問題の影響もあるんじゃないのか。

 記者:20日の湘南戦で途中交代した金崎に握手を拒否された上、反抗的な態度を取られた件ですね。日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(64)が、常連の金崎を選出しなかったのは、その“懲罰”と表明したばかりですから、ゼロではないでしょうね。

 デスク:しかし各種報道では、お互いに話し合って「和解した」はずなのにな。その後、何かあったんじゃないのか。

 記者:詳細は分かりませんが、ある日本代表OBが「普通は選手にペナルティーがあって当然。そうしないと他の選手に示しがつかないからね」と言っていましたが、金崎は27日も普通に試合に出ていました。その辺なんでしょうか。

 デスク:それは、どういうことだ? クラブが金崎を処分しないから監督が退任するのか?

 記者:あくまで一般論ですよ。指揮官に反発した選手をフロントが処分しなければ、監督の立場が軽視されているってことになります。Jクラブ関係者は、鹿島の内情は把握していないと前置きし「クラブ側が金崎の異常な行動をおとがめなしで許してしまい、監督の方がフロントに不信感を募らせたのではないか」と指摘。別クラブ関係者も「当然ある。クラブが監督を指名し、チームを任せているんだから」と言ってました。

 デスク:そうか。日本代表の戦いぶりと同じくらい今後の動向が楽しみになってきたな。

最終更新:8月29日(月)16時49分

東スポWeb