ここから本文です

ブリュッセル空港、鳥検知システムのテストを実施

レスポンス 8月29日(月)16時0分配信

ベルギーのブリュッセル空港は8月26日、敷地内に鳥検知システムを設置し、2週間にわたってシステムのテストを実施すると発表した。

鳥が離着陸する航空機の近くにいると、エンジンに衝突する可能性が生じる。そのため、空港は鳥を監視し、滑走路から遠ざける必要がある。試験的に設置された鳥検知システムの観測範囲は3.7km上空、半径5km。空港内・周辺の鳥を24時間監視し、蓄積された行動データを地図上に可視化できる。

ブリュッセル空港は現在、鳥を滑走路から遠ざける方法として、肉食の鳥の鳴き声を大音量で流す、空砲を撃つ、大型の鳥は罠にかけるなどしている。今回の観測によって得られる詳細な情報で、さらなる予防策をとることが可能になる。

《レスポンス 日下部みずき》

最終更新:8月29日(月)17時49分

レスポンス