ここから本文です

竹内涼真は妄想が上手?“会社女子とのデート”を想像してみた!

M-ON!Press(エムオンプレス) 8/29(月) 19:25配信

185cmの長身、9頭身のプロポーション、ほどよく焼けた肌に常に笑顔をたたえたちょっと垂れた目元……。いま人気急上昇中の若手俳優、竹内涼真さんにいろいろとお話を聞きました。

【詳細】他の写真はこちら

8月20日から全国ロードショーの映画『青空エール』では高校球児の大介役を好演していますが、もともとはサッカー少年。4歳~20歳までサッカーをやっていて、名門クラブチームのユースに所属していたほどの実力を持つ、筋金入りのスポーツ青年なんです!そんな竹内さんにアラサー女子のキュンとする仕草を聞いてみると……。

「プライベートではあまり周りにアラサー女性の知り合いがいないので、妄想で……。たとえば会社でデスクが隣同士で、僕がうっかり飲み物をこぼしちゃったときに、隣の先輩が『もぉ、めんどくさいなあ、早くこれで拭いて』ってサッとハンカチを渡してくれたり、 僕が鼻をすすってたら『はい』ってすぐにティッシュを渡してくれたり。そういうさり気ないやさしさはいいですね。僕、結構妄想上手なんでついでに言うと、年下の僕ががんばって選んだご飯屋さんで、おいしいおいしい!って食べてくれる女性は可愛いですね。それから僕が気取らない性格だから、カッコつけてる女の人よりも、無邪気な子といる方がらくちんだし、たとえばオナラしちゃったとしてもそれを平気な顔で、笑ってくれる子とかがいい (笑)。第一印象で好みなのは、前髪パッツン。そして僕が身長185cmあるので、小さい女の子が好きかも。僕を見るとき、上目遣いどころか、顔ごとがっつり上げて見上げてくるような姿にキュンとします」

もし年上とつき合ったとしたら、自分の魅力をいちばん発揮できるのはどんなところ?
「束縛とかじゃなくて、彼女が何しているのか知りたいし、つき合っているからこそ『今何してるの?』って聞く権利がある。だから ちょっと空き時間ができたらすぐにLINEするし電話もします。仕事が終わってもまっ先に連絡します。僕とつき合ったら、心配いりませんよ!(笑)」

※『andGIRL』2016年9月号

最終更新:8/29(月) 19:25

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]