ここから本文です

ユチョンさん告訴した女 詐欺未遂などで起訴=韓国検察

聯合ニュース 8月29日(月)15時0分配信

【ソウル聯合ニュース】ソウル中央地検は29日、人気グループJYJのユチョンさん(30)と性関係を持った後、性的暴行を受けたとしてユチョンさんを告訴した20代の女を虚偽告訴と恐喝未遂の罪で起訴したと明らかにした。女と共にユチョンさんから金品を脅し取ろうとした暴力団員、交際相手も恐喝未遂罪で起訴された。

 検察によると、暴力団員と交際相手は今年6月、ユチョンさんから暴行を受けたする女の話を基に「事件をマスコミにばらす」とユチョンさんを脅し、金品を脅し取ろうとしたとされる。

 計画通りに金品を受け取れなかったため、女は6月10日、ユチョンさんから暴行を受けたとして警察に告訴した。ユチョンさんをめぐっては計4人が相次いで暴行されたとして告訴したが、警察は4人との性関係はいずれも強制性がなく、嫌疑はないと判断し、不起訴意見を付けて送検した。検察はほかの3人についても虚偽告訴罪などに当たらないかどうか調べている。

最終更新:8月29日(月)15時9分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。