ここから本文です

[芸能]元少女時代ジェシカ 悪意コメントのネットユーザーを告訴

聯合ニュース 8月29日(月)15時29分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の人気ガールズグループ、少女時代の元メンバー、ジェシカさんがインターネット上の悪意のある書き込みで侮辱を受けたとして、ネットユーザーを告訴した。

 ソウル江南警察署は29日、ポータルサイトのNAVER(ネイバー)に悪意のある書き込みを行った疑い(侮辱)で、ジェシカさんが2件のアカウント使用者を告訴したことを受け、捜査に入ったと明らかにした。

 警察によると、ジェシカさんが告訴したインターネットユーザーは5月半ばにNAVERの芸能ニュースコーナーに掲載されたジェシカさんの近況を取り上げた写真ニュースに、ジェシカさんの外見や性的な部分を卑下するコメントを書き込んだ疑いが持たれている。

 ジェシカさんは今月19日に警察署に自ら告訴状を提出し、調べを受けた。

 ジェシカさん側は、警察に対し、2件のアカウント所有者が以前から常習的にジェシカさんについて悪意のあるコメントを書き込み、侮辱の程度が我慢の限度を超えたため告訴状を提出することになったと説明したもようだ。

 警察は告訴されたインターネットユーザーの身元を調べ、近く呼び出して取り調べを行う予定だ。

 ジェシカさんは2014年9月に少女時代を脱退し、今年5月に初のソロアルバムをリリースした。

最終更新:8月29日(月)15時39分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。