ここから本文です

「そっからこう来るんかい!」――“挙動不審な台風”過去にもあった 気象庁研究官が紹介

ITmedia ニュース 8月29日(月)13時45分配信

 「動きがトリッキーすぎる」「急旋回しすぎだろ!」――複雑な動きをしている台風10号がネットで話題になっている。一般的に台風は北東へと進むが、台風10号はいったん南西へと進んだ後、本州に向かってUターン。8月30日には北日本や関東に接近する見込みで、東北地方の太平洋側に上陸すれば“観測史上初のルート”を進んだことになるという。

【図解】大きくUターンした1973年の台風6号

 ただ、Uターンしたり、大きく旋回したりといった“挙動不審”な動きをした台風自体は、珍しいものではあるものの、過去にもいくつか例があるようだ。気象庁気象研究所の荒木健太郎さんがTwitterで紹介している。

 例えば1964年の台風14号は、今回の10号と同じように沖縄付近でUターンした後、九州に上陸し本州を縦断。1973年の台風6号も、南西に大きく曲がって円を描いている。こうした“挙動不審な台風”の数々に、荒木さんも「あっちこっちとうろついていたりぐるっと回ったり、動きだけ見ても多様」「そっからこう来るんかい!」と驚いた様子だ。

 荒木さんによると、今回の10号が接近・上陸すれば、東北地方では8月31日午前6時までの24時間で最大300~500ミリと、「マジで危険な雨量」(荒木さん)になる恐れがあるという。「海や増水した河川など、危険な場所には絶対に近付かないでください」(荒木さん)。

最終更新:8月29日(月)20時41分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]