ここから本文です

ロッテ・カンパイガールズ、目標に暗雲もリーダー今井「最後まで諦めない」

デイリースポーツ 8月29日(月)12時7分配信

 ロッテから誕生した球界初の売り子アイドルグループ、「マリーンズ カンパイ ガールズ」がビールの売り上げ目標に向かって奮闘中だ。

 7月30日から9月4日まで、QVCマリンフィールドホームゲーム20試合のうち10試合以上で、メンバー6人合計で1日1000杯の売り上げを達成しようというものだ。

 29日、8月25日の日本ハム戦の結果を発表したが、6人合計で915杯で目標達成とはならなかった。

 日本ハム3連戦は23日・714杯、24日・836杯と達成した試合はなかった。これで14試合が経過し、5回の達成となった。

 残り6試合で5回の達成が必要となる。なお、残り6試合中平日ゲームは4試合だが、この企画開始後、これまで平日に6人合計で1000杯の売り上げを達成したことはない。

 10試合以上での1000杯越えという目標が達成されれば、「マリーンズ カンパイ ガールズ」初のワンマンライブ開催と、水着のカレンダーが発売される。

 リーダーの今井さやかは「とても、とても厳しい状況に追い込まれましたが、私たちは最後まで諦めずに頑張ります!皆さん、明日からのオリックス3連戦、ぜひ見に来て下さい」と元気よく声を張り上げていた。

最終更新:8月29日(月)15時49分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月2日(日)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。