ここから本文です

独10年債利回りがマイナス0.025%に上昇、2カ月ぶり高水準

ロイター 8月29日(月)15時46分配信

[ロンドン 29日 ロイター] - 29日の欧州市場でドイツ10年債利回りがマイナス0.025%に上昇、英国の欧州連合(EU)離脱決定以来、2カ月ぶりの高水準を記録した。

米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長の発言を受け、来月の米利上げの確率が高まったとの見方が浮上している。イエレン議長は利上げ時期を明言しなかったが、米国債が売られたことが材料視されている。

ドイツ連邦債先物<FGBLc1>は75ティック安の166.94。ドイツ10年債利回りは6ベーシスポイント(bp)強上昇し、マイナス0.025%。

最終更新:8月29日(月)15時46分

ロイター