ここから本文です

シンガポールでジカ熱国内感染41例確認、今後増加の見込み

ロイター 8月29日(月)16時47分配信

[シンガポール 28日 ロイター] - シンガポールは、外国人の建設作業員を中心に41例のジカ熱国内感染を確認したと明らかにし、今後感染例はさらに増加するとの見通しを示した。

保健・環境当局は声明を発表し、感染者のうち7人を除いて全員が全快したと述べた。 7人はまだ入院中という。

最初の国内感染例は27日、南東部在住のマレーシア人女性(47)だった。全感染者にジカ熱感染地域への最近の渡航歴がなかったため、声明は「このことは国内感染の発生を示している」と述べた。

さらに「一部の陽性反応者は他地域在住・在勤で、コミュニティ間の感染拡大の可能性が否定できず、今後感染例が増えるだろう」と述べた。

政府は28日午前、居住地域を中心に環境当局職員200人を展開し、蚊の繁殖を防ぐため下水の掃除や殺虫剤の散布を行ったという。

最終更新:8月29日(月)16時55分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。