ここから本文です

【新亜細亜野球事情】韓国ドラフト事情 かつてに比べレベル低下の声も…

デイリースポーツ 8月29日(月)14時1分配信

 8月22日、韓国でドラフト会議が開催された。韓国のドラフトシステムは、まず7月に各球団の縁故地の高校出身者を対象に、1名指名する『1次ドラフト』と、完全ウェーバーで指名していく『2次ドラフト』の2方式を採っている。1次は以前は『優先ドラフト』と称された時期もあるが、基本的に各球団が縁故地出身選手を指名する方法を維持している。これは韓国の野球界が日本以上に地域との密着を計り、また縁故地出身選手が直接、観客動員にも繋がっていることに由来している。

 2回に分けるようになったのには、また別の理由がある。韓国球界の関係者が言う。「以前は韓国でもシーズンオフに指名会議を開催している時期がありました。しかし11月頃だと、優秀な選手がメジャー球団と先に契約してしまうケースが多発したのです。そこで先手を打つ意味で、夏に行うようになったのです」

 韓国アマ選手のメジャー進出は、1994年の朴賛浩を皮切りに、ピークとなった2000年前後には、100万ドルレベルの契約金で“流出”していく選手も少なくなかった。

 ただそれも近年は、かつてのような勢いはない。韓国球団の契約金が高くなるなど、国内での条件が良くなったことも大きい。しかしなによりも「韓国人選手のレベルが、かつてに比べて下がってきている」(メジャー球団のアジア担当スカウト)というのだ。同スカウトはこう続けた。「10年前なら素材として十分に魅力的な選手が多かった。少々、粗っぽくても投打ともパワフルな高校生が幾人もいたが、最近は少ない。メジャーの契約金で評価するなら、良くて20万ドル程度。しかしその額では彼らも来ようとはしない」

 レベルの低下というと表現はやや扇情的だが、実際、韓国内のプロでも高校卒はともかく、大卒で即戦力、あるいは1軍にレギュラー定着するレベルの選手は、確かに減っている。「野手なら大卒で13年にNCへ入団した羅成範外野手(26歳)あたり。投手となると高校からSK入りした金廣鉉(27歳)あたりまで遡らないと見あたらない」(韓国球界関係者)。金廣鉉は韓国を代表する左腕だが、プロ入りは2007年。それ以後で、突出した選手となると……。

 無論、プロのレベルが上がっていることも要因ではあるが、前述の関係者によれば「土壌である高校野球のあり方にも問題がある」と言うのだ。例えば学校数。現在、連盟に所属し本格的に野球をしている学校は、わずか68校に過ぎない。

 関係者は言う。「野球部の運営費は、学校から出ておらず父母が寄付の形で賄っているケースがほとんどなのです」。その中には、監督やコーチの報酬も含まれる、という。

「例えばプロ出身のコーチだと、部員ひとりあたりで月に70万ウォン(約7万円)から100万ウォン(約10万円)を出し合わなければなりません。それとは別に、1ヶ月70万ウォンの部費も必要です。単純計算でも、他の雑費を含めれば年間で2000万ウォン(200万円)以上はかかるのです」

 一般的に、韓国では「スポーツ選手は親が金持ちでなければなれない」という言われ方をするが、まさに高校野球はその典型と言える。だからこそ、親としては子供をメジャー球団と契約させ、より高額な契約金に期待するわけだが、近年は韓国も深刻な不況で、かつてのように子供に投資がしにくくなっている。メジャー球団のスカウトが言う。「日本なら、かりに親が貧しくても本人に豊かなセンスがあれば、特待生など特例で高校に入学し、野球をする余地があります。しかし韓国にはない」

 そうした環境がプロ野球のレベルにも、少なからず影響を与えているという見方も出来るわけだ。今年もドラフトで指名された選手たち。この中からどれだけ将来の韓国球界を担う存在が登場するか。そのときを待ちたい。

最終更新:8月29日(月)16時1分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]