ここから本文です

タカタ、米でインフレーター運搬トラック爆発 1人死亡4人負傷

ロイター 8月29日(月)17時57分配信

[東京 29日 ロイター] - エアバッグの大量リコール(回収・無償修理)が起きているタカタ<7312.T>は29日、米国でエアバッグを膨らませるインフレ―ター(ガス発生装置)とプロペラント(ガス発生剤)を運んでいた下請け業者のトラックで火災が発生し爆発事故が起きたことを明らかにした。1人が死亡、4人が負傷した。

詳しい火災の原因などは判明しておらず、タカタは直ちにスタッフを現地に派遣、事故調査のため当局や下請け業者と緊密に協力しているという。タカタは、インフレ―ターやプロペラントの運搬時には規制要件を超えた厳格な安全手順を踏んでいるとしている。運搬していたのは硝酸アンモニウムを使った製品。

現地の報道によれば、爆発事故は22日朝にテキサス州デル・リオからタカタのエアバッグ倉庫があるイーグル・パスを結ぶ高速道路で発生。爆発現場近くに住む女性(69)1人が死亡。トラックの運転手(20)や同乗者は爆発前にトラックから出て命は無事だったが、けがをしており、近くを走っていた老夫婦も負傷、4人が病院に運ばれた。インフレ―ターなどは2マイル(約3.2キロ)にわたり飛び散った。

(白木真紀 取材協力:田実直美)

最終更新:8月29日(月)17時57分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。