ここから本文です

広島駅南口に「ビックカメラ広島駅前店」 広島への出店は8年ぶり /広島

みんなの経済新聞ネットワーク 8月29日(月)18時16分配信

 広島駅南口Bブロック市街地再開発事業として新たに建設された「BIG FRONT ひろしま」に9月14日、「ビックカメラ広島駅前店」(広島市南区松原町)がオープンする。ビックカメラ(本社=東京都豊島区)が広島に出店するのは8年ぶり。(広島経済新聞)

 「BIG FRONT ひろしま」は、広島駅南口Bブロックに建設中の再開発ビルの愛称。延べ床面積は約3万7800坪で、広島駅南口地下広場に直結。ビルには店舗やオフィス、公益施設、住宅、ホテル、駐車場、駐輪場が入り、ビックカメラは地下2階~地上3階に出店する。直結立体駐車場を完備し、雨にぬれずに来店できる利便性の高さも特徴の一つ。

 売り場面積は約2100坪で、取扱点数は基幹店の有楽町店(東京都)と同等の80万点をベースに、フルラインアップでの品ぞろえになるという。

 同社では今後、広島エリアで展開するグループ店の「ソフマップ広島店」「コジマ×ビックカメラ宇品店」「コジマ×ビックカメラ広島インター緑井店」と連携したサービス提供や販売促進などの検討も進める。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:8月29日(月)18時16分

みんなの経済新聞ネットワーク