ここから本文です

心斎橋にカフェとブランド買い取り複合店 オリジナル豆採用 /大阪

みんなの経済新聞ネットワーク 8月29日(月)19時27分配信

 心斎橋に6月、コーヒースタンド併設ブランド買い取り店「買取&CoffeeStand by Birthday(バースデー)」(大阪市中央区心斎橋筋1、TEL06-6251-0390)がオープンした。運営はバースデー(同)。(なんば経済新聞)

1階ではコーヒーを販売

 1998年に大阪で創業した同社。「従来の買い取り店とは一線を画したい」という思いから、「ニューヨークにある買い取りショップ」をコンセプトに、現在は東京と大阪で3店舗を展開している。

 同店がコーヒースタンドと併設したのは、買い取り以外で客との接点を増やしたいという思いから。コーヒー豆をプロデュースする2人組「BROWN’S CAFE&BEANS」とコラボレーションし、同店オリジナルの豆を使ったコーヒーを提供。店内にはカナダやオーストラリアで修業したバリスタスタッフをそろえる。

 使う豆は、濃厚なコクと甘みのある「ケニアAA」と、フルーティな酸味とチョコレート風味の「グァテマラピーベリー」をブレンドしたもの。メニューはコーヒー(400円)、カプチーノ、カフェラテ(450円、買い取り客は無料)など全6種。コーヒー豆(400円~)も販売する。ブランド買い取りをしない客にはテークアウトで提供。

 約10坪の店内は、レンガを用いたデザインが特徴。1階でコーヒーを販売し、2階でブランド商品の鑑定やカウンセリングを行う。2階には鑑定用の個室2部屋と待合室を兼ねたサロンスペースに座席9席を設ける。1階で購入したコーヒーを飲むことも可能。

 最高執行責任者の有田幸平さんは「コーヒー店をきっかけに新しいお客さまとの会話の機会を増やしたい。今後はコーヒー以外のものともコラボし、物を売買するだけでなく、新しいライフスタイルなどの提案もしていきたい」と話す。

 営業時間は11時~19時30分。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:8月30日(火)17時49分

みんなの経済新聞ネットワーク