ここから本文です

ピンチからの逆転エピソード続々、チュートMC特番「どたん場ミラクル大賞」

お笑いナタリー 8月29日(月)17時48分配信

9月4日(日)、チュートリアルと八木亜希子がMCを務めるバラエティ特番「どたん場ミラクル大賞 その手があったか!!」(読売テレビ)が放送され、NON STYLE井上、FUJIWARA藤本がパネラーとして出演する。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「どたん場ミラクル大賞」は、絶体絶命のピンチを「その手があったか!」という方法で切り抜けた人々にスポットを当てる番組。映画「もののけ姫」公開直前に宮崎駿監督から作品のタイトルを変えたいと言われてしまったプロデューサー、瀕死状態のジンベエザメを輸送することになった水族館の飼育員などのエピソードが、実際の映像や本人の証言とともに紹介される。

そのほか芸能界で起こった“どたん場ミラクル”を扱うミニコーナー「芸能界スキャンダル!4大どたん場ミラクル!!」も。ここではチュートリアル徳井がパネルを使って、玉置浩二や長澤まさみの身に巻き起こった事件を解説する。

収録を終えた徳井は「ミラクルのネタはすごいなって思うのがいっぱいあって。スタッフさんの努力の賜物やな、流石だな、ありがたいなって……」とスタッフ含めて番組を絶賛。また相方の福田は「視聴者の皆さんも、どうやってどたん場をミラクルで返したのか、自分ならどうするかと考えながら観ていただけたら楽しめるんじゃないかなと思います」と呼びかけた。

どたん場ミラクル大賞 その手があったか!!
読売テレビ 2016年9月4日(日)15:00~16:30<出演者>MC:チュートリアル / 八木亜希子パネラー:NON STYLE井上 / 井森美幸 / 篠原信一 / FUJIWARA藤本 / 峯岸みなみ(AKB48)コーナーゲスト:長谷川まさ子

最終更新:8月29日(月)17時48分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。