ここから本文です

「iOSを至急更新して」 IPAが緊急で呼び掛け

ITmedia エンタープライズ 8月29日(月)18時17分配信

 情報処理推進機構(IPA)は8月29日、iOSデバイス(iPhoneやiPadなど)のユーザーに対して最新バージョンの「iOS 9.3.5」へ至急アップデートするよう呼び掛けた。このアップデートで修正された脆弱性が高度なサイバー攻撃に悪用されている。

【画像:修正された脆弱性とは?】

 Appleは米国時間25日にiOS 9.3.5をリリースし、3件の脆弱性を修正した。既報のとおり、これらの脆弱性はアラブ首長国連邦(UAE)の人権活動家に対するサイバー攻撃を調査したセキュリティ企業のLookoutとカナダのトロント大学が報告。悪用された場合、攻撃者によってユーザーのiOSデバイスが密かに“脱獄”させられ、メールやSNS、メッセンジャー、ビデオ会議、スケジュールといった情報が盗聴されてしまう恐れがある。

 既に脆弱性の内容や攻撃手法が公になっていることで、さらなる悪用攻撃の発生が懸念されることから、ユーザーはアップデートを可能な限り速やかに適用してほしいという。

最終更新:8月29日(月)18時17分

ITmedia エンタープライズ