ここから本文です

塚本晋也がオダギリジョーの義父役で声の出演、「オーバー・フェンス」特別映像

映画ナタリー 8月29日(月)18時28分配信

オダギリジョー主演作「オーバー・フェンス」の特別映像がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「味園ユニバース」の山下敦弘が監督を務めた本作は、「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」の原作者・佐藤泰志の同名小説をもとにしたラブストーリー。オダギリ演じる主人公・白岩義男と、蒼井優扮するホステス・田村聡の恋を描く。共演に名を連ねるのは松田翔太、北村有起哉、満島真之介ら。

このたび公開された特別映像は、白岩が元妻の父親から届いた手紙を読んでいるシーン。その内容は「娘ももう、そちらに返す気はまったくありません」「直接連絡を取るようなことはしないでいただきたい」という辛辣なものだが、「鉄男」「野火」の監督であり「シン・ゴジラ」で生物学者の間邦夫を演じた塚本晋也がこの元義父の声を担当している。塚本はかねてより山下と交流があり、偶然が重なった結果今回の出演が実現したそうだ。

「オーバー・フェンス」は、9月17日より東京・テアトル新宿ほか全国でロードショー。



(c)2016「オーバー・フェンス」製作委員会

最終更新:8月29日(月)19時57分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。