ここから本文です

辻仁成 ロングヘアをバッサリ、短髪に ファンは好感

デイリースポーツ 8月29日(月)18時33分配信

 作家で歌手の辻仁成(56)が長年伸ばし続けていた「中性的」なロングヘアをバッサリ切り、短髪に変身した姿をツイッターで公開。久しぶりの短髪にファンからは「似合ってます」「すっきり」などのメッセージが書き込まれるなど、好感を持って受け止められている。

【写真】天然パーマぎみの短髪だった頃の辻仁成

 辻は27日付のツイッターで「撮影、十さん。髪、15センチは切りましたかな。もう結べない。すっきり」と15センチ“断髪”した写真を投稿。息子が撮影したもので、「髪を短くしたら、気分が変わりました。まだ、慣れないけれど。笑。」と長年慣れ親しんだロングヘアからの変身に、自身も戸惑っていることを伝えた。

 辻は女優・中山美穂と離婚協議中だった2014年4月、胸元まであったロングヘアを15センチほどバッサリ切ってイベントに登場し、驚かせた。その後は、肩までの長さを保っていた。

 もともと天然パーマぎみの短髪だった辻だが、「中性的なおじさんを目指す」として、サラサラストレートのロングヘアに。大きなサングラスをカチューシャ代わりにするなど、中性的な雰囲気がトレードマークとなっていたが、離婚報道の約2週間後に肩のあたりまでの長さにバッサリ切った。

 一部報道で、離婚原因の一つに辻の“中性化”が挙げられたことを受けて髪を切ったのでは?と、当時は憶測を呼んだ。

最終更新:8月29日(月)19時0分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。