ここから本文です

アンジャッシュ渡部、ポテチをワイングラスでテイスティング

お笑いナタリー 8月29日(月)18時36分配信

株式会社湖池屋のポテトチップス「じゃがいも心地」のPRイベント「じゃがいも心地2016解禁&初代イモリエ任命式」が本日8月29日に都内にて行われ、アンジャッシュがゲスト出演した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

通常のポテトチップスの約1.5倍という厚切りカットが特徴の「じゃがいも心地」は、「こく旨塩味」「バター醤油味」の2種類が期間限定商品として販売されている。本日のイベント中、渡部はポテトチップスのソムリエ=「イモリエ」に任命され「『じゃがいも心地』のおいしさや魅力を1人でも多くの方に知っていただけるよう務めていきたい」と挨拶した。

その後、渡部は「じゃがいも心地」のテイスティングを披露することに。商品をワイングラスに流し込むと、その厚みや香りを確認して「今年もしっかりとした厚み、出てますね! この贅沢な厚みにサックリとした食感、今が旬の新じゃがいもの風味とうまみ。1枚食べていただければすぐにわかります。僕がうんちくを言うよりも、まずは食べていただきたい!」とコメントした。

なお相方・児嶋は「イモリエ見習い」に就任している。

最終更新:8月29日(月)18時36分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。