ここから本文です

中村勘九郎、『真田十勇士』の共演者と下ネタで盛り上がる!

Movie Walker 8月29日(月)22時26分配信

堤幸彦監督が、自身の同名大ヒット舞台を映画化した『真田十勇士』(9月22日公開)のレッドカーペットセレモニーが、新宿モア4番街で開催。中村勘九郎らキャストと堤監督の総勢14名が、馬と共にレッドカーペットを歩いた。中村は、イベントがちょうど雨天の晴れ間だったことを喜びながら「すごいっすね。僕たちだけじゃなくて、馬が一緒なんて」と感激しきりだった。

【写真を見る】大島優子がゴージャスなドレスで登壇

本日登壇したキャストは、中村をはじめ、松坂桃李、大島優子、永山絢斗、加藤和樹、高橋光臣、石垣佑磨、駿河太郎、村井良大、荒井敦史、望月歩、青木健、加藤雅也の13名。中村は現場を振り返り「撮影が過酷だったので、一致団結せざるを得なかった。必死に寒さと爆風と火と雨にどう戦えるかと考えた時、絆を深めるしかなかった」と語った。

男同士の話題について聞かれると「まあ、下ネタですね。男がこれだけ揃っていればね」とおちゃめに笑った後「寒さで口が回らなくなってしまうので、早口言葉も言っていました」と答えた。紅一点の大島は「みんな、部活みたいに仲良くて、わいわいしていたんだろうなと。私は(十勇士との共演シーンが少なく)仲間に入れてないのでさみしかったです」と笑顔で語った。

メガホンをとった堤監督は「やっとできあがりましたと言っていますが、まだCGをいじっております。みなさんの熱意がすごくて、何とかそれをカメラでとらえました。いまできることをすべて注ぎ込んだ気持ちでいます。盆暮れ正月がいっぺんに来たような娯楽大作になっています」と手応えを口にした。

『真田十勇士』は、天下の名将と名高い真田幸村が、実は腰抜けの武将であったという大胆な発想による時代劇。幸村を本物の立派な武将に仕立てるため、猿飛佐助が大博打に打って出る。主人公・猿飛佐助役に中村勘九郎、霧隠才蔵役に松坂桃李、女忍びの火垂役に大島優子を迎え、舞台と映画のダブルプロジェクトで展開される。【取材・文/山崎伸子】

最終更新:8月29日(月)23時23分

Movie Walker