ここから本文です

「NEW GAME!」ドラマCD第2弾のジャケ公開、原作者脚本の第9話の予告も

コミックナタリー 8月29日(月)19時20分配信

得能正太郎原作によるテレビアニメ「NEW GAME!」のドラマCD第2弾が9月28日に発売される。そのジャケットイラストが公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「NEW GAME!」はゲーム会社を舞台に、新入社員・涼風青葉がひと癖ある先輩たちと楽しくも大変な仕事に奮闘するコメディ。ドラマCDにはオリジナルストーリーのエピソードが複数収録される。なおアニメの第9話は得能が脚本を担当。公式サイトではあらすじと、期間限定で予告ムービーのWeb用ロングバージョンも公開されている。

テレビアニメ「NEW GAME!」第9話
脚本:得能正太郎絵コンテ:博多正寿演出:守田芸成作画監督:山野雅明、三島千枝、市原圭子、立口徳孝、高柳久美子、藤原奈津子

あらすじ
青葉の作った村人の3Dモデルがきちんとパンツを履いているかどうかを確かめていたねね。ゲーム内のカメラがスカートを突き抜け、画面上に映し出されるパンツを見て、問題なしとデバッグを続けるねねに対し、うみこがそもそもパンツが見えることは想定していないのだからバグとして報告してくださいと返す。そこにしずくがやってきて、パンツが見えることは裏の仕様だと告げるが、初耳のうみこ。そんなうみこにしずくは仕様書に書いてしまったらつまらない、偶然見えるパンツにこそ浪漫があるのだと言うが……。

(c)得能正太郎・芳文社/NEW GAME!製作委員会

最終更新:8月29日(月)19時20分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。