ここから本文です

高橋真麻「自分が何かしたら…と幼いころから思っていた」高畑容疑者逮捕に

スポーツ報知 8月29日(月)9時51分配信

 フリーアナウンサーの高橋真麻(34)が29日、日本テレビ系情報番組「スッキリ!!」(月~金曜・前8時)に出演、23日に強姦(ごうかん)致傷容疑で逮捕された高畑裕太容疑者(22)の母親で女優・高畑淳子(61)が記者会見を行ったことについて、俳優の親を持つ同じ“2世”としての思いを語った。

 会見の様子を振り返りMCの加藤浩次(47)から親の責任について聞かれた高橋。「私は父親が俳優をやっていて、もし自分が何かをしてしまったら、親の名前に傷を付けてしまう。築いたキャリアを壊してしまうと幼いころから思っていた。いい子に、いい子に、まじめに生きてくるよう努力していたので、そういう意識を子供に持たせられなかったという点では、親にも一部、責任があるのかなと思う」と、子供ながらに父の俳優・高橋英樹(72)の仕事への影響を常に考えていたことを明かした。

 一方で、「ただ、会見を見ていると切ないし、お母様、どこまで責任を取ればいいのかなという気持ちになっていしまう」と、母の女優・高畑淳子(61)を心配していた。

最終更新:8月29日(月)10時52分

スポーツ報知