ここから本文です

HJ文庫のマンガサイトがリニューアル、うるりひ描く「sin 七つの大罪」開幕

コミックナタリー 8月29日(月)19時56分配信

ホビージャパンのWebマンガサイト・コミックHJ文庫が本日8月29日、「コミックファイア」としてリニューアルした。

【この記事の関連画像をもっと見る】

コミックHJ文庫はライトノベルレーベル・HJ文庫の公式サイトで展開され、「高1ですが異世界で城主はじめました」「百錬の覇王と聖約の戦乙女〈ヴァルキュリア〉」「六畳間の侵略者!?」など、HJ文庫から刊行されている小説のコミカライズを多数配信してきた。これまでの連載作は、コミックファイアでも引き続き無料で楽しむことができる。

またリニューアルに合わせ、テレビアニメ化も決定しているメディアミックスコンテンツ「七つの大罪」のマンガ版「sin 七つの大罪」の連載が始動した。「七つの大罪」は人間を罪へと導く美しい魔王たちが織りなす“魔王崇拝型コンテンツ”。うるりひが手がけるマンガ版では、新たな信者を獲得するため人間界へとやってきた魔王たちの姿が描かれる。

また9月中旬には、北山結莉の小説「精霊幻想記」を原作としたマンガの連載もスタート。こちらのコミカライズはtenklaが担当する。連載ラインナップは今後も、ファンタジーを中心に拡充されていく予定だ。

最終更新:8月29日(月)19時56分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。