ここから本文です

闘病の元小結時天空が引退会見 戦友・豊ノ島に「僕の分まで相撲を取って」

デイリースポーツ 8月29日(月)21時55分配信

 悪性リンパ腫と闘病中で、25日付で引退した元小結時天空(36)の間垣親方が29日、都内の時津風部屋で引退会見を行った。

【写真】「少しカッとなりました」白鵬が時天空に怒り

 間垣親方は昨年7月にろっ骨に痛みを感じ、同年9月に悪性リンパ腫と判明した。抗がん剤、放射線などで治療しながら復帰を目指したものの、「治療が長引いて1年がたち、体力も戻らなくなっていった。受け入れるしかない」と、引退を決断した。

 今後は後進の指導にあたる。再び土俵に上がる思いはかなわず、「悔いはもちろんあります」と話したものの、「その悔しさを今後の人生にぶつけて、経験を生かしていきたい」と、前を向いた。

 「人間として成長させてくれた」という約14年の現役生活。一番の思い出には、03年初場所の三段目優勝決定戦で豊ノ島に勝ったことを挙げた。

 その豊ノ島も左アキレスけん断裂の重傷を負って休場しており、目頭を熱くしながら「彼には1日も早くけがを治して土俵に上がって、ボクの分まで相撲を取ってもらいたい」とエールを送った。

最終更新:8月29日(月)22時18分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]