ここから本文です

ヴェネツィア銀獅子賞「エル・クラン」監督、次回作で描くのはロックフェラー家

映画ナタリー 8月29日(月)20時14分配信

ペドロ・アルモドバルが製作を務めた「エル・クラン」の監督パブロ・トラペロが、次回作について語った。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は1980年代に実際に起きた事件をもとに、アルゼンチンの平和な街で“身代金ビジネス”を稼業にして暮らす一家を描く犯罪ドラマ。第72回ヴェネツィア国際映画祭にて、最優秀監督賞にあたる銀獅子賞を受賞した。

トラペロは次回作について「『The Man in the Rockerfeller Suit』というタイトルで、もちろん、アメリカの大富豪ロックフェラー家についての作品だ」と説明。「ロックフェラー家の一員として長年過ごしてきた男のある事実が、何年もあとになって発覚する。今回も事実にもとづいた映画だけど、ストーリーは少し不条理で超現実的であり、そこが魅力でもあるんだ。『エル・クラン』との共通点もあるよ。でも言語は英語で、アメリカで撮影する」と明かしている。

「エル・クラン」は9月17日より東京の新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国で公開される。



(c)2014 Capital Intelectual S.A. / MATANZA CINE / EL DESEO

最終更新:8月29日(月)20時14分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。