ここから本文です

宇多田 結婚相手に「経済力」求めないと断言

デイリースポーツ 8月30日(火)0時1分配信

 シンガーソングライターの宇多田ヒカルが29日、ツイッターで「私が人生のパートナーに求めるものランキングの最下位:経済力」とツイートし、反響が広がっている。

【写真】16歳の宇多田…幻の映像解禁に

 宇多田は2014年2月、南イタリア出身の年下のバーテンダー(当時)と再婚し、昨年7月に第1子長男を出産している。

 人生のパートナーに経済力を求めない、経済力は問題ではない、とツイッターで明言した宇多田。続けて「経済力のある男性が優しくてかわいくて自分を一番に思ってくれる女性(経済力低め)を選んだってなんの不思議にも思われないのに、性別が逆になると問題があるかのように思うのは非常に非理論的だ。男の子って大変ね。」とつづった。

 宇多田のツイッターには「すげー!普通に尊敬する」「さすがです」「言ってみてー」などと様々な意見が寄せられている。

 宇多田は14年2月に再婚を発表した際、ラジオで「私としては国際結婚の意識はなくて。まわりに日本人が少ない感覚で育ったのがコンプレックスで、パートナーは生粋の日本人がいいなという憧れはあったんですけど、たまたま知り合って異様にしっくりした人がたまたま日本人じゃなかっただけ」と結婚相手がイタリア人であることについて言及していた。

最終更新:8月30日(火)0時13分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。