ここから本文です

DDT高尾が全日本の至宝・世界ジュニア王座奪取

スポーツナビ 8月29日(月)0時8分配信

 DDTプロレスリングの真夏のビッグマッチ「両国ピーターパン2016~世界でいちばん熱い夏~」が28日、東京・両国国技館で開催された。全日本プロレスの至宝をかけた世界ジュニアヘビー級選手権試合では、高尾蒼馬が王者・佐藤光留を破り初戴冠。夏の両国では無敗記録を誇る高尾が、初挑戦にして大きな栄冠をつかんだ。
 かつてはDDTにレギュラー参戦していた佐藤は、徹底した左腕殺しから腕ひしぎ逆十字固め、アームロック、チキンウィングアームロックと攻め立てるも、高尾は腕を固められながら、強引にデスバレーボムのように持ち上げて切り返すと、トラースキック3連発からの顔面蹴りで佐藤を流血させ、ジントニックでフィニッシュ。
 試合後、平田一喜が「オレの熱い気持は本物」と王座挑戦を表明すると、高尾も「おまえが本気で来るなら受けてやるよ」と受諾の意志を示し、互いに顔面を張り合った。

最終更新:8月29日(月)0時8分

スポーツナビ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]