ここから本文です

新入幕・天風、師匠の名前いただきます!「浩二」から「浩一」に改名

スポーツ報知 8月29日(月)16時3分配信

 大相撲秋場所(9月11日初日、両国国技館)で新入幕を果たした天風(25)=尾車=が29日、都内の尾車部屋で記者会見。「相手の陣地で相撲を取ること。幕内でも体を使った相撲が通用するか試したいです」と抱負を語った。

 先場所は205・5キロの重い体を生かして13勝2敗で十両優勝。一気に幕内昇進を決めた。夏場所前にしこ名を「天風浩二」に改名(本名は川成健人)。師匠の尾車親方(元大関・琴風)からは「もし、新入幕を果たしたらオレと同じ『浩一』(尾車親方の本名は中山浩一)にしてもいいぞ」と言われていたので、すぐに「天風浩一」に改名。氏名印(ゴム印)まで用意した。「確かに『浩一』にしてもいいとは言ったが、こんなに早く昇進するとは思っていなかった」と尾車親方。天風は「すごくうれしい反面、プレッシャーもありますが、謹んでお受けしたいと思います」。

 秋場所は東前頭13枚目での勝負。「ボクはチャレンジャーなので、幕内でどれだけ通用するか試したい」と天風。「左を差して右を抱え込み腹を出しながら寄る相撲は下では通用しても上ではどうか。右上手をしっかり取れるかどうかがポイント。まあ、今場所はテスト期間。どんだけ通用するかですね」と尾車親方は話していた。

【関連記事】

最終更新:8月29日(月)17時56分

スポーツ報知