ここから本文です

ミニカーなど計150点を万引きで逮捕

スポーツ報知 8月29日(月)17時48分配信

 千葉県警四街道署は29日、イトーヨーカドー四街道店のおもちゃ売り場でミニカーなど計150点(7万5148円相当)を万引きした上、警備員に軽いけがを追わせたとして、強盗致傷の疑いで、自称千葉市若葉区の建設作業員・水島翔一容疑者(22)を逮捕した。

 逮捕容疑は28日午後4時20分ごろ、同店2階のキッズタウンフロアで、タカラトミーのミニカー149点と鉄道玩具「プラレール」1点を万引。ミニカーは「トヨタ クラウン コンフォートタクシー」「日産マーチパトロールカー」などの精巧に再現されたものを1種類ずつ盗んだという。水島容疑者はスポーツバッグに入れて店外に出たところ、警備員が2人がかりで制止しようとしたが、同容疑者は立ちはだかった警備員を突き飛ばして逃走。警備員に左腕打撲などの軽傷を負わせた疑いがもたれている。

 四街道署によると、水島容疑者は店内から逃走したが、約1時間後にJR四街道駅付近を歩いていたところを警戒中の警察官に見つかり、身柄を確保された。調べに対して転売目的で盗んだことは認めたが「警備員を突き飛ばしていない」と一部容疑を否認している。

最終更新:8月29日(月)17時48分

スポーツ報知

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。