ここから本文です

【MLB】オリオールズがスイープ回避 M.トランボは両リーグトップの40号

ISM 8月29日(月)12時27分配信

 ボルティモア・オリオールズは現地28日、敵地でニューヨーク・ヤンキースと対戦し、5対0で完封勝利。連敗を3で止めるとともに、ヤンキースとの3連戦全敗を回避した。

 5回までヤンキース先発のCC・サバシア投手の前に得点を奪えなかったオリオールズ。しかし、6回にスティーブ・ピアース外野手の12号ソロで先制すると、7回にもピアースの適時打で2点を追加。さらに、8回には指名打者マーク・トランボから一発が飛び出し、ヤンキースを突き放した。

 オリオールズは、ピアースが4打数3安打、3打点の活躍で打線をけん引。トランボは両リーグトップとなる40号2ランを放った。投げては、先発ケビン・ガウスマン投手が9三振を奪うなど、7回無失点の力投で今季6勝目(10敗)を手にしている。

 一方のヤンキースは、連勝が4でストップ。ロナルド・トレイエス三塁手と指名打者ゲーリー・サンチェスがそれぞれ2安打を記録したが、得点には結びつかなかった。

最終更新:8月29日(月)12時27分

ISM

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。