ここから本文です

AC/DC、アクセル・ローズとの北米ツアーを開始

BARKS 8/29(月) 12:54配信

AC/DCが土曜日(8月27日)、<Rock Or Bust>世界ツアーの最後の日程となる北米での10公演をスタートした。これらの公演は当初、3月に開催予定だったが、フロントマン、ブライアン・ジョンソンの難聴が悪化し延期されていた。5~6月にかけて行なわれたヨーロッパ・ツアー同様、ジョンソンの代わりにガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズが参加し、土曜日の公演は、AC/DC+アクセル初の北米でのパフォーマンスとなった。

◆AC/DC画像

初日では、「Live Wire」(1975年セカンド・アルバム『T.N.T.』収録)を1982年10月以来34年ぶりにプレイしたそうだ。

セットリストは以下のとおり。
1.Rock or Bust
2.Shoot to Thrill
3.Hell Ain't a Bad Place to Be
4.Back in Black
5.Got Some Rock & Roll Thunder
6.Dirty Deeds Done Dirt Cheap
7.Rock 'n' Roll Damnation
8.Thunderstruck
9.High Voltage
10.Rock 'n' Roll Train
11.Hells Bells
12.Given the Dog a Bone
13.If You Want Blood(You've Got It)
14.Live Wire
15.Sin City
16.You Shook Me All Night Long
17.Shot Down in Flames
18.Have a Drink on Me
19.T.N.T.
20.Whole Lotta Rosie
21.Let There Be Rock
アンコール
22.Highway to Hell
23.Riff Raff
24.For Those About to Rock(We Salute You)

アクセルは、この5日前(8月22日)にガンズ・アンド・ローゼズの<Not In This Lifetime…>北米スタジアム・ツアーを終えたばかりだった。同ツアーは25公演で100万人以上を動員したという。

クリフ・ウィリアムズ(B)が参加する最後のツアーになるかもしれないAC/DCの<Rock Or Bust>ツアーは9月20日に幕を閉じる。

Ako Suzuki

最終更新:8/29(月) 12:54

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]